2016年07月15日

春の日ボタンのあり方。

こんばんよー。
脚本のみっちーです。

日曜日は参議院選挙でしたね。
思うところあって、冒険の章に差し込む形で選挙のことをブログに書きました。
別に急に政治に目覚めたわけではなく。
どうしても伝えたかったのは、この選挙がとても重要だ、ということ。

政治の話しをすると敵を作るからやめろ、との声も聞こえます。なぜ、敵?というか、敵はだれ?
重要な話しを正面から話し合う中に、政治の話しだけを排除するというのもおかしなことだなぁ、と思う。
見えない敵を作るのではなく、お互いを尊重しあって理解し合うフェイズに、今こそ向かうとき。

春の日ボタンのビジョンは「笑顔が笑顔を生む、ハッピーが人から人に広がる日常」です。結成当初からの一番の柱。
そのために、日常の笑顔に気づいてもらったり、人のいろんなあり方を見てもらったり、ということを作品にこめてきました。
そして今、さらに強く思うのは、一人ひとりの笑顔のもっとも強力な源泉は、僕はできる、私はできる、という主体性だということ。あ、前回の冒険の章とも少しつながった。

春の日ボタンはこれまでと同じく、演劇を通じて世の中を明るくする、一人ひとりの幸せを再確認・再発見してもらえる作品作りをつづけます。
もし、政治の世界で同じようなスタンスで同じように一人ひとりの笑顔に貢献しようとする政治家がいるなら、志を同じくするものとして応援し合えたらいいな、と思います。
これにて、僕の選挙の総括。

さて、次のブログからは冒険の章を再開しますよ。
それではまた。

脚本 みっちー
posted by 春の日ボタン at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月08日

ポジティブ選挙キャンペーン

【ポジティブなエネルギーをペイフォワードする】
<友達に電話しよう>
先週から僕は、友達に電話をしています。 参議院選挙がとても重要だと伝えるために。 僕にとって初めての選挙運動。
電話してみると、重要さに気づいてない人、とても多い。SNSでこんなにも情報が出回ってるのに、ホントに気づいてない人、すごく多いです!あなたも電話してください!

<SNSだけじゃダメ!>
SNSであれだけ盛り上がったのに、蓋を開けたら全然違う結果だったことを何度も味わいましたね?SNSでいくら拡散しても関心のない人には刺さらないんです。タイムラインを流れる他の記事と変わらないんです。

<志を同じくする皆さん、行動してください>
世間の無関心を嘆くのではなく、皆さんが行動して関心を起こしてください。僕もドキドキしながら戸惑いながら行動を起こしました。
ひとつ、安心してください。「選挙に行こう」はとてもポジティブなエネルギーです。親しい友人なら必ずあなたの行動を、あなたのポジティブな心の動きをちゃんと受け止めてくれます。選ぶ投票先が多少違っても「選挙に行こう」で意見が合わない友達は一人もいませんでした。
なにかを否定するのではなく、ネガティブな思いを伝えるのではなく、ただただあなたのポジティブなエネルギーをペイフォワードしてください。

行ける、絶対行ける、投票率60%、70%、80%。
夢を見よう。信じよう。

共感いただいた親愛なる皆様、友達に電話してください。回りの人と選挙の話をするように伝えてください。この運動を拡散してください。

【 六次の隔たり】
自分の友達の友達の友達の、間に5人から7人を介すると世界中の人と繋がるという理論値。実際にテレビ番組で道行く人から明石さんまさんに7人で繋がったそうです。
友達の輪は、メディアに勝る最強のコネクションです。やりましょう!

【心のハードルを下げる】
もし、電話するほどの勇気はない、と思ったなら、そんなあなたこそこの運動の最大の適任者です。普段からとても言葉を選ぶ誠実な方だからです。あなたの友人はそんなあなたの率直な言葉をまっすぐに受け止めてくれるはずです。
とはいえ、僕自身も最初は勇気が持てませんでした。そこで次のステップで心のハードルを下げました。
・まず、家族と話す。夫婦や実家の両親と政治の話しをしてみて慣れる。
・高校の友人や、古い友人で最も心を許しあえる人に電話する。自分の戸惑いも含めて率直に伝えて選挙に行こうの運動のことを伝える。
・繰り返すことで自分の中にポジティブなエネルギー、つまり勇気を蓄えられる
電話の相手は一人でも二人でもかまわないんです。是非、やってみてください!

【素敵なボーナスを受け取っています】
電話呼びかけ、とても素敵なボーナスを受け取れます。懐かしい友達の声をいっぱい聞けるんです。それだけでハッピー。


脚本 みっちー
posted by 春の日ボタン at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月05日

アートのこと、政治のこと

ひとはなぜ、絵を描くんだろうか?

ママ、大好きだよ!
DCIM1356.JPG

この世界は美しい
Johannes_Vermeer_(1632-1675)_-_The_Girl_With_The_Pearl_Earring_(1665).jpg

この世界は残酷だ
image-111.jpg


アートは愛することだ。親愛なる人を。人間を。この世界を。

愛するもののために、人は絵を描き、歌い、踊る。
その思いに、人の心は動く。


初めて、政治の演説で心が動く体験をした。


参議院選挙東京選挙区の三宅洋平。
数の論理の世界で、クリエイティブな試みをしようとしてる。
ジョンレノンが歌うようなことを、キング牧師のように語ってる。
夢見ることをあきらめないこと。思い描くこと。

アートと政治は「愛する」ことでつながってる。
そう信じる。

脚本 みっちー


※7/10の参議院選挙、是非、棄権することなく白票をいれることなく、誰かに一票を投じてください。
今回の選挙の重要性に関心を持ち、身近な人と選挙の話しをしてみてください。

追記:こんな未来を選ばないために。
posted by 春の日ボタン at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月04日

書籍「7つの習慣」との出会い

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
春の日ボタン脚本のみっちーです。

ブログの冒頭の挨拶ってちょっと難しいです。書いてるのが夜でもアップが朝だったり、アップが昼でも読んでくれるのが夜だったり。演劇の稽古場だったりすると稽古の時間帯にかかわらず『おはようございます』が挨拶なんだけど、それを日常に持ち込むとなんかややこやしくなったり、さてどうしたものか。ヤーマン、みたいに一言で挨拶できるほうがいいのかな。うーん、今日のところは宿題。みんなの。いや、僕の。こっそり宿題を押し付けようとなんて、してないよぉ?

久しぶりのブログを書き、これからの冒険のこと、これまでの冒険のこと、ぼちぼち書くと宣言しました。それを実行します。
春の日ボタンのこれからの冒険が始まろうとしています。が。そのことを書く前にやはりこれまでの冒険のことを書くべきでしょう。明日は、昨日から今日を経てたどり着く地続きの新天地なのですから。

さて、話しは春の日ボタンが充電期間に入る半年ほど前にさかのぼります。2012年夏ごろのこと。
演劇公演の準備って目が回るほど忙しいんですね。なぜって準備項目がとにかく多い。作品として準備すること、脚本書いてキャストとスタッフに配って改訂があれば差し替えをお願いして、稽古場の手配、キャストとの稽古日程調整、舞台セットの打ち合わせ、音響・照明・小道具などなど演出部の仕事があり、公演として準備すること、劇場との連絡窓口、公演タイムテーブルをつくりチケットを販売して当日受付の準備をして、全部を細目にすれば100項目を軽く超える準備項目があるんじゃないかと思います。それを千野と僕と少数の協力スタッフで捌く必要があるんです。気が遠くなります。
当時の僕は、これらの公演準備の進行管理のために、オンラインのタスク管理ツールを使い込んでいました。Toodledoがお気に入り。ある程度は成果がありました。オンラインサービスだから色んなメディアでチェックできるし、僕と千野はもちろん、協力スタッフとも進捗が見える化できるし。なるほど、これをベースにチームを組めばいいんだ、と、もっと詳しく調べるフェーズに突入。で、時間管理やタスク管理をネットで色々調べるとちらほら出てくるのが「7つの習慣」「第U領域」といった単語。それも別々の方が書いたあちこちのサイトにちらほら出てくるんですね。なんだろう、7つの習慣って。ググります。いろんな本がひっかかってほしい情報にたどり着けない。ウィキります。大枠の定義だけではいまいち詳細がつかめない。むー、本体の書籍を読まないことには良くわからない、とにかく読んでみよう、脚本のネタになるかもしれないし。そんな感じで7つの習慣を手に取ったわけです。

7つの習慣を読んでみて。
衝撃でした。自分の成功体験、失敗体験、そのほとんどがこの一冊で説明可能なほど、人生の法則が書いてあるんです。ビジネス書?いや人生哲学書だろ、これ。そして、読み始めた動機でもある時間管理のこと、第U領域についての章には、『「時間管理」という言葉そのものが間違っている 〜中略〜 時間を管理するのではなく、自分自身を管理すること』とある。またも衝撃。この本を読んでから何度目の衝撃だろう。
よし、この本の考えをベースにチームを作ればいいんだ!そう思いました。さらにオンラインタスク管理と組み合わせればなんて画期的なんだろう、とも。でも、これはずっと後になって分かることなんですが、この受け止め方では7つの習慣の生み出す力を本質的には引き出せません。そして実際、しばらく空回りしました。「チームのみんなが7つの習慣を知って変わればチームが変わる」は本質的に主体性に欠けるんです。本当に主体的なのは、まず僕が変わること。そのことに気づき始めたのは2013年春頃、つまり充電期間の入り口ごろ、あ、なんか物語がつながってきましたね。アドリブで書いてる割にうまいぞ、みっちー!どんどん自分褒めてこう!

さて、話しを本筋に戻して、僕がどうやって「僕が変わる」にフォーカスし始めたかというと・・・、
ああ、なんてこったい。もうとっくに12時を過ぎてるじゃないか。かぼちゃの馬車の魔法がとけてしまったので、今日は歩いて帰ることにします。どこに?今、うちにいるけど?細かいことは気にしない。
そんなわけで今日のところはここまで。
続きが気になる?大丈夫、ちゃんと書いていくから、待っててくださいな。

ではまた、次の冒険の章でお会いしましょう。

脚本 みっちー
posted by 春の日ボタン at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月02日

帰還

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。

春の日ボタン脚本のみっちーです。
3年ぶりのブログ。どう書き始めたものかと思いつつ、とにかくこうして書いてみています。
今の気持ちを言葉にするなら、ウォォォォ!みたいな感じ。言葉は時に不自由です。それをちょっと分かっただけでも、少しは成長したのかな、などと思ってみたり。劇作家が言葉の不自由を言い切ってしまうあたり、どうなのかな、ってのもあったり。

さて。
長く充電期間をいただき、とても充実の日々をすごしてきました。うん、すごく充実。
どんな充電期間を過ごしたのかって?あ、そんなに気にならない?
気にしてくれても、いいよぉ。それをこうしてぼちぼち書こうというわけですから。

充電期間に入る頃の僕に思いを馳せてみます。
あの頃の僕は少しばかり燃え尽き気味でした。劇作家としての全力、春の日ボタン代表としての全力、パパとしての全力、生きていくことの全力。もうここら辺が限界なのか?って燃え尽き感と、全部は全力にできねぇよ!っていう燃料不足の感覚。じっくり時間をかけて取り組む必要があるのは明らかでした。
春の日ボタンを最強のチームに再構築したい、そうすればもっと力を発揮できるはず、そんな風に思っていました。でも力が不足していたのはチームなのかな?燃料を補給しなくちゃいけなかったのはチームなのかな?充電期間の入り口で、なにから取り組んだものかと悶々とする中、一つ気づいたんです。
違う。僕だ。力が足りないのは僕なんだ。チームっていうのは人の集まり、そしてその最小単位は個人。まず僕が創作家としても人間としても成長することが最初なんだ、そう気づいたんです。

こうして冒険の日々が始まりました。勇気を持ってチャレンジし続ける日常は、これはもう冒険です。チャレンジするのか、しないのか、チャレンジすることへの勇気、そしてチャレンジの先には物語が生まれます。うまくこともあれば、うまくいかないこともある。でもそこには物語が生まれる。

春の日ボタン、次の公演はまだ決まっていません、でも。動き出しています。脚本のみっちーと演出の千野の心が、動き出しています、だから。何かが始まっています。チャレンジが始まっています。
春の日ボタン再始動の最初の取り組みとして、まずこうしてブログ記事を書いてみました。これからぼちぼち書いています。
これからのチャレンジについて。これまでのチャレンジについて。悪戦苦闘の充電期間について。これから始まる新しい冒険について。

春の日ボタン、この場所に帰ってきました。
ただいま。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
では、また。

脚本 みっちー
posted by 春の日ボタン at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月21日

突然ですが、目標です!

ども!脚本のみっちーです。
さて、第九回公演『おかえり、ギフト』も無事終幕となりました。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました!

今回の作品は2話構成。これまで春の日ボタンがずっと取り組んできた5話構成で各話がちょっとずつつながっている展開と、前回公演で初挑戦した1本ものの中間のようなスケール感で取り組んでみました。いいバランスの作品に仕上がっていたのではないかと。
で、今後の春の日ボタンに何を期待しますか?というアンケートの設問の反応としては、『もっと純粋な1本ものを観てみたい』という意見もあれば、『やはり春の日ボタンはオムニバスでしょ』という意見も。
そうなんです、作者側としてもまったくこれと同じ感触を持っていて、どっちももっと追求してみたいんですね。

突然ですが、目標!
次回公演までの充電期間に、
・1本もの戯曲 1作品
・5話構成戯曲 1作品
・3話構成戯曲 1作品
の3作品ぐらいを書いてみたい!
第十回公演の上演作品がどれになるのか、というか、本当にそんなにいっぱい書けるのか、は分かりませんが、目標です。

うん、言うだけ言ってみた。

ではまた。
ばいばいみー。
posted by 春の日ボタン at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月19日

ゆる前説のみっちーより。

おはようございます!脚本と、ゆるーい前説担当のみっちーです!

『おかえり、ギフト』、無事、終幕となりました。
たくさんのお客様にご来場いただきまして、
本当にありがとうございます。

開演前はゆるーい前説にて失礼しました。
初日から楽日までの7ステージ、かまなかった回は一度もなし!
出演者さんからは、
『みっちーさんの前説、なかなか初日が出ませんね』
と突っ込まれる始末。
しかし、僕がたっぷり噛むと、本編がうまくいく、というジンクスが。
(うん、ウソですけど)
YES!どこまでもゴーイング・マイ・ウェイ!

ではまた、次回公演の前説にてお会いしましょう!
(あんだけ噛んでおいて、また、やるんかい!)
posted by 春の日ボタン at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月17日

3日目、無事に終了!本日、楽日です!

写真 1.JPG写真 2.JPGこんばんは!
というか、ほぼ朝な時間帯ですけど。
はい、脚本のみっちーです。

はい、三日目!も無事終了。

写真は
昼の回に観劇に来てくれた中川真吾君、
夜の回に観劇に来てくれた(左から)住吉絵里子さん、松木円宏さん、三宅法仁さん、村上亜里沙さん
と、春の日ボタンのこれまでの出演者がどっと観に来てくれました!
みんな、ありがとう!

そして、いよいよ楽日です。
posted by 春の日ボタン at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月16日

土日でおしまい!!

下北沢演劇祭初参加作品、「おかえり、ギフト」
いよいよ残すところ、土日のみとなりました。

ご来場頂いた方、ありがとうございます!
これからいらっしゃいますお客様、どうぞお楽しみに!

写真は休憩中のキャストの皆さん。

ふくちゃんこと福田英史さんのお客様から(某有名歌手のPV監督さん。ふくちゃんが主演で出演しているんです!!)の差し入れです。

おかえり写真.JPG


美味しそうに食べていますね☆

ごちそうさまでした!

ほんわかしたり、じーんとしたり、
ダイナミックに2話構成でお届けしています、今回の春の日ボタン。
是非是非、お見逃しなく!
いつか、じゃなくて、今!です!!



posted by 春の日ボタン at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月12日

そして、チラシです!

harunohi_9th_表.jpgharunohi_9th_裏.jpgこんにちは!脚本のみっちーです!
なんと、ブログにチラシをアップしていなかったことに今頃気づきました!
ということで、ちょっと遅いですがアップっぷ!

----------------
春の日ボタン 『おかえり、ギフト』
脚本 みっちー&ありさ / 演出 千野ありさ
「劇」小劇場
2013年2月14日(木)〜2月17日(日)

母の葬儀に集まった子供らに友人、なぜか故人も現れて!?
ハッピーウエディングプランナーのプライベートはアンハッピー?
2つの場面が絡まったウェルメイドオムニバスコメディ!

チケット予約はこちらからどうぞ↓
https://ticket.corich.jp/apply/42968/001/
posted by 春の日ボタン at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

楽屋風景☆

写真.JPGこんにちは!春の日ボタンのみっちーです!
本日、いよいよ、小屋入りしました!!

舞台セットの立て込み中、楽屋ではなにやら楽しいらくがき天国。
どんなお話が飛び出すやら??

----------------
春の日ボタン 『おかえり、ギフト』
脚本 みっちー&ありさ / 演出 千野ありさ
「劇」小劇場
2013年2月14日(木)〜2月17日(日)

母の葬儀に集まった子供らに友人、なぜか故人も現れて!?
ハッピーウエディングプランナーのプライベートはアンハッピー?
2つの場面が絡まったウェルメイドオムニバスコメディ!

チケット予約はこちらからどうぞ↓
https://ticket.corich.jp/apply/42968/001/
posted by 春の日ボタン at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月01日

「おかえり、ギフト」、作者より2

ども、おはようございます!みっちーです!
さて、「おかえり、ギフト」、2話構成の二つ目のお話は・・・
同じく旭川。コーヒーショップのマスター・野口と常連客の女性・今井は互いに惹かれあいながらも、言い出せずにいる微妙な関係。一方、今井が勤めるブライダルプラザには悩める客・佐藤がつぶやく。『結婚すれば、本当に幸せになれますか?』
二人の恋の行方は?幸せな結婚式って?、なほんわかコメディですよ。

後ほど、チラシ画像なんかもアップしますね。
ではまた!
posted by 春の日ボタン at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月30日

「おかえり、ギフト」、作者より。

台本、ワン・プリーズ?
サンキュー。
などと、ファーストフードのように簡単に台本が書けてしまったら、親筆期間を満喫できないじゃないか。
ええ。ゆっくりと、一人、お花畑を歩く、僕です。
こんにちは!脚本のみっちーです!
「おかえり、ギフト」、の本番まであと2週間です!!

はい、今回の作品は2話構成になってまして、ひとつずつ、紹介しますね。
さて、一つ目のお話は・・・。
2月、北海道第二の都市、旭川。
母の葬儀に駆けつけた、離れて暮らす長女と長男。二人の目の前に現れたのは、母だった。
家族が離れて暮らすこととは?家族と生きて会えることとは?
なあんてことも織り交ぜつつの、春の日ワールド全開な、にぎやかウェルメイドコメディです。
ちなみに、舞台となる旭川は、僕の出身地。
僕自身、両親と離れて暮らしていて、親不孝だなぁ、などと思うことも多々ありつつも、
こういうものだしなぁ、などとも思います。そして、2月の旭川はとにかく寒い!
東京に出て10年以上になりますが、寒いのが恐ろしくて、帰省は夏限定。
だから、自分の体の中の記憶を手繰り寄せながら、あちらの季節感を描いてみました。
でもまあ、こんな感じです。

この台本を書いてみて、ほんのちょっとだけ、冬に帰るのもいいかも、と頭に過ぎった
寒がり劇作家のみっちーでした。
あ、ホントにちょっとだけ、ですよ。

チケット予約はこちらからどうぞ↓
https://ticket.corich.jp/apply/42968/001/
posted by 春の日ボタン at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月24日

春の日ボタン「おかえり、ギフト」公演情報

こんにちは!
春の日ボタンのみっちーです。
2月公演の詳細情報、どどーんと公開です。
チケット予約、今日の夜から受付開始ですよ。
チラシイメージも近く、アップしますね。


----------------

春の日ボタン第九回公演
『おかえり、ギフト』
脚本 みっちー&ありさ
演出 千野ありさ

【会 場】
「劇」小劇場 (下北沢駅徒歩2分)
東京都世田谷区北沢2-6-6 03(3466)0020

【日 程】
2013年2月14日(木)〜2月17日(日)

【ストーリー】
母の葬儀に集まった子供らに友人、なぜか故人も現れて!?
ハッピーウエディングプランナーのプライベートはアンハッピー?
2つの場面が絡まったウェルメイドオムニバスコメディ!

【キャスト】
杉野 なつ美 (劇団スーパー・エキセントリック・シアター)
山素 由湖
福田英史(J-beans)
ヒロココバヤシ(マグズサムズ)
高村綾子(ALBA)
白鈴ももか
窪田 信也 (劇団ひまわり)
門田 久実 (劇団ひまわり)
吉田 亜子 (劇団スーパー・エキセントリック・シアター)
けい

【チケット料金(税込)】
■全席指定席 (2月15日14時の回を除く)
 □前売 3,000円(☆初日のみ2,700円)
 □当日 3,300円(☆初日のみ3,000円)
 □学割 1,000円(当日、学生証の提示が必要です。座席数に限りがあります。)
■子連れ観劇デー (2月15日14時の回、全席自由席)
 □前売 / 当日 2,000円(未就学児は無料です。学割は他の回と同じく1,000円です。)

【チケット予約】
1/24 19:00より、予約受付開始!
 PC https://ticket.corich.jp/apply/42968/
 MB http://ticket.corich.jp/apply/42968/
電話予約 ※2/12-2/17のみ
 劇場電話番号
 03(3466)0020 (11:00〜22:00)
お問い合わせ
 ticket@harunohi.net

【タイムテーブル】
 2月14日(木) 19:00☆
 2月15日(金) 14:00◎ 19:00
 2月16日(土) 14:00 19:00
 2月17日(日) 14:00 18:00
 ☆初日のみ2,700円 / ◎子連れ観劇デー
 (受付は開演60分前前、開場は開演30分前より)
◆未就学児の方は子連れ観劇デーのみ、ご入場いただけます。
◆開演時間直前または開演時間を過ぎてからのご来場の場合、券面記載とは別のお席にご案内する場合がございます。
※2月17日は14時、18時の回共に記録撮影用のビデオカメラが場内に入る事を予めご了承ください。

【子連れ観劇デー、名づけて子's母'sデー!】
2月15日14時の回は子連れ観劇デー、子’s母’s(コスモス)デー。
小さな子連れのママさんたちに安心して観劇する機会を提供する上演回です。この上演回に限り、赤ちゃんもママと一緒に観劇できます。もし、赤ちゃん達が泣いてしまっても、お互い様、安心してご観劇いただけます。ママになってもお芝居を楽しむ心を春の日ボタンは応援します!
◎お子様も一緒に観劇します。託児ではありません。
◎通常公演より客席内を明るくして上演いたしますが、それでもチビちゃんが歩き回ると心配ですのでねんね〜たっち(0〜1歳)の赤ちゃんをお連れのママを推奨しています。
◎上演内容は通常回と同じ内容です。
※ベビーカーは場内に持ち込むことが出来ません。受付にてお預かりいたします。

【スタッフ】
脚本:みっちー&ありさ
演出:千野 ありさ
舞台監督:佐藤 一茂
舞台美術:田中 新一(東京メザマシ団)
照明:中川 明日香
音響:香田 泉
イラスト:☆こすげかおる☆
映像撮影:齋藤耕路(株式会社ユニコーン)
制作総指揮:なかおみち
協力: CoRich舞台芸術!
企画・制作: 演劇ユニット 春の日ボタン
共催: 合同会社 春の日ステージング / 合同会社 春の日工房
posted by 春の日ボタン at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月12日

春の日ボタン公演、出演者募集!

おはようございます!
春の日ボタンのみっちーです!
はい、朝、5時。
北半球はもっとも日が短い時期、この時間帯だとまだ外はまっくらです。

さて、春の日ボタン第九回公演が近づいてきました。
2013年2月中旬に劇小劇場にて。
詳細はもう少々お待ちくださいね。

今日は出演者募集のお知らせです。
只今、脚本執筆中ですが、まだまだ演じていただく方が決まっていない役があれこれ。
ご興味のある方は、是非是非ご連絡くださいませ。

<出演者募集>
公演:春の日ボタン第九回公演
場所:劇小劇場
時期:2013年2月
作品:オムニバス形式のコメディ作品
稽古:2013年1月より主に世田谷区内
募集:男女の配役でそれぞれ出演者募集中、年齢層もいくつかの役があるので、20代〜50代まで募集中です。
経験:1公演以上の舞台経験のある方を募集しています。1ヶ月の稽古期間で一緒に取り組んでくれる方。

<応募方法>
メールにてご連絡くださいませ。
宛先:info@harunohi.net
件名:「出演者応募」
本文:
お名前、メールアドレス、電話番号
簡単な自己紹介・略歴
バストアップのお写真(携帯写真でもOK)


ではまた!
posted by 春の日ボタン at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月19日

みっちーがライブに出ます!

こんばんは!みっちーです!

えーっと、僕が春の日ボタンを結成するまで、バンドマンだったことは何度か触れていますが。
そんな僕が、久しぶりにライブに出演します!

「Dig out! vol.6」
日程:2012年11月22日(木)
OPEN 18:30 / START 19:00
会場:表参道GROUND
チケット代: 前売・当日 ¥2,000(1drink別)
出演
中川真吾 他

なぜ、ユニットのオフィシャルブログでこの告知をしているかというとですね、お芝居とも関係があるからなのです。
はい、春の日ボタンの前回公演にも役者として出演いただいた、中川真吾さんのバックでベースを弾くことになりました!
その上、楽曲は主に僕が作った曲。ええ、そうです。前回公演の「ひまわりの花のように」のミニライブの場面の演奏曲をバンド形式(といっても打楽器のいないライトユニットですが)にて演奏しようと、いうわけなんですねぇ!おお!

そんな訳で、ご興味のある方は是非ご連絡くださいませ!

チケット予約はこちらまで
info@harunohi.net
posted by 春の日ボタン at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月19日

ホームページ更新

ども。みっちーです!

ホームページのトップにfacebookガジェットを追加しました!
http://www.harunohi.net

facebookページには公演写真や動画がアップされてます。
皆様、「いいね!」、押してくださいねー!
ではまた。
posted by 春の日ボタン at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月18日

facebook・春の日ページ!

おはようございます!みっちーです!
春の日ボタンのfacebookページを設置しました!
http://www.facebook.com/harunohibotan

動画や舞台写真も掲載しています。
(今のところはHPのギャラリー素材と同じなんですけど)

ただいま、次回公演に向けて脚本構想中です。
ハッピーをお届けすべく、むむむ、と腕を組む日々。
それもまた、ハッピー。

ではまた。
ばいばいみー。
posted by 春の日ボタン at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月29日

はーんずめっせー。

はーんずめっせっ、はーんずめっせっ。
ああ、思えば去年の今頃もこの歌を口ずさんでいましたね。
こんにちは!みっちーです!
年に一度のハンズメッセです!にゃー。


そう。
ハンズ、といえば工具。
今年もセール品の電動ドライバーとにらめっこして、、、
IMG00347.jpg
買わないー。
恒例行事ですね、これ。


収穫はこれ。
IMG00346.jpg
公演中に接触不良になったペンライトと
見つけたら買っておけ、な左利き用ハサミ。


キッチン用品も気になるけど、まあこんなところで。


ではまた。
ばいばいみー。
posted by 春の日ボタン at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月27日

無事、終幕しました。

こんばんは、みっちーです。
「ひまわりの花のように」、無事、終幕となりました。
ご来場いただきました皆様、会場には来られなかったけど応援してくださった皆様、
ありがとうございました!

次回公演は来年2月に劇小劇場にて。
なにをやるかは、これから、考えます。楽しみだなぁ。


今年の夏が、皆様にとって良き夏でありますように。

ではまた。
ばいばいみー。
posted by 春の日ボタン at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記