2011年12月12日

時を刻む舞台

こんばんは!脚本演出の千野ありさです。

今日はちょっとだけ、キュンとほんわかした話を。

2011年3月11日東日本大震災。
何度も同じ話になりますが、この時、私は稽古中でした。
ワタナベエンターテインメントさんに脚本・演出提供した、「にぎやかカラー」

そして、先日。
2011年12月10日皆既月食
この日もまた、稽古中でした。(私稽古ばっかりしてるみたい・・・そんなことないのに)
おてあげラプソディの本読みでした。
月が欠け始めたのが稽古中で、みんなで飲みに居酒屋に行って、
途中で、赤くなる月をみんなで観に行きました。

この奇跡的な瞬間に両方とも一緒にいたのが、中川真吾くんです。

本当に二度とないような瞬間に二回もご一緒させていただいた不思議な奇跡。
きっと真吾くんとはご縁があるんでしょうね。
にぎやかカラーのように、おてあげラプソディも忘れられない舞台になると思います。
素敵な舞台にしましょう。
観に来てくださった皆さんが、最高の笑顔でおうちに帰れるように。

そして、2018年の皆既月食に観たメンバーで集まれるよう、真吾くんが仕切ってください(笑)

本日も、稽古頑張ります!
posted by 春の日ボタン at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51804074

この記事へのトラックバック